Wedding Columnウエディングコラム

【和装を検討中の花嫁必見】 和装の種類&おすすめコーディネート

結婚式準備

日本の伝統衣装である和装は、人生の節目の日にぴったりの格式高いお衣装。

さらに、コーディネート次第では可愛くフェミニンにも、クールにも、モードにも、雰囲気を変えることができるということも、近年人気の理由です。
結婚式やフォトウェディングで和装に興味があるプレ花嫁さんや、結婚式では着られなかったので後撮りをしたいという卒花嫁さんへ、和装の種類と魅力についてご紹介いたします!

wedding

 

和装花嫁衣裳の種類

花嫁衣裳は大きくわけて3種類あります。

(1)白無垢(読み方:しろむく)
(2)色打掛(読み方:いろうちかけ)
(3)引振袖(読み方:ひきふりそで)

それぞれ詳しく紹介していきます!

 

白無垢とは

「白無垢」とは、鎌倉・室町時代から着られている婚礼衣裳のひとつです。
武家の婚礼衣装として着られていました。日本では古来より白色は神聖な色とされており、まさにハレの日に相応しい格式高い衣装と言えます。
武家ではなく一般の人たちが花嫁衣裳として着用するようになったのは江戸時代頃と言われています。

美しい真っ白のお衣装は、格式高い神社での神前式やお寺の仏前式にご興味がある方にはぴったり。

また、真っ白な衣装というイメージをされる方が多いと思いますが、「打掛」と呼ばれる羽織の着物の下に来ている「掛下」の色を変えることで、雰囲気がかなり変わるのが白無垢の素敵なところ。
ピンクや黄緑といった淡い色合いは優しげな印象になりますし、赤や黒といった差し色の掛下を着ることでかっこいい雰囲気にも。
白くて神聖なイメージだけでなく、様々なコーディネートが楽しめますよ。

 

色打掛とは

色打掛は、華やかな色合いが魅力の婚礼衣装。もともと、お色直しのために着用されていたルーツがあります。
室町時代では結婚後、白無垢を3日着続けて、その翌日から色打掛を着るという習慣があったそう。そうして相手の家に染まったとみなされ、嫁入りが認められたといわれています。

衣装の構成が白無垢と同じ「掛下」という着物の上に「打掛」を羽織っている形になるので、
「打掛」を変えることで白無垢から色打掛に着替えるというお色直しが、昭和頃の近代の日本ではよく見られていた形です。

華やかな金糸を使った刺繍が施された色打掛も多く、まさに豪華絢爛。
一方で、色打掛の色合いをブルーや紫、黒など暗い色にすることでモダンで大人っぽいイメージにもできます。
白無垢に比べ、背中の打掛の柄がしっかり見えることも多いので、選ぶのを迷ってしまいそうですね。

 

引振袖とは

花嫁衣裳として着用する振袖は、引きずる程長い裾が特徴の引振袖。

成人式で振袖が着られるようになったのは昭和40年頃のこと。
花嫁衣裳としての振袖はさらに歴史が長く、大振袖・本振袖とも言われ、江戸時代後期に上流階級の花嫁衣裳として着用されていたようです。
大正・昭和初期には一般的過程でもの花嫁衣装として着用されるようになった格式の高い衣装です。

振袖は未婚女性の正装なので、結婚式が最後の着れるチャンス!ということで選ばれる方も。
また、レトロな雰囲気が好きでレトロウェディングに興味がある方にはぴったりかもしれませんね。

最も格式が高いとされている黒引振袖は、スタイリッシュな花嫁になることができます。

また、羽織の着物である「打掛」を着ないため、帯がしっかり見えるのもポイント。
後ろ姿も美しく見えます。

迷ったらまずは試着!式場が未決定でも無料で試着ができるイベントも!

 

いかがでしたでしょうか。

それぞれの衣装の良さがあるので、自分の着たいイメージがどれに近いか、一度ご試着されるのもおすすめです!

実は和装は和風の建物だけでなく、洋風の建物に似合うこともあります。

「和装は着たいけど、結婚式場の幅が狭まるのでは…」と思われている方必見。
九段会館テラスは、昭和9年に創建され、洋風な外観に和風瓦の屋根をもつ、西洋と東洋を見事に融合された「帝冠様式」で造られたデザイン。

洋装も和装も似合う和洋折衷の会場なんです!

さらに、お衣装の試着体験ができるブライダルフェアも。
会場決定後に試着ではなく、衣装の試着も式場相談も一緒にできるので安心。

他にも、60万円OFFの特典や、試食付のブライダルフェアもございます。

ぜひブライダルフェアにご参加ください♪

▶開催中のブライダルフェアを見る

Reservation & Contactご予約 ・お問合せ

平日 12:00~14:00 / 15:00~19:00
土日祝 10:00~19:00 /
定休日 火・水曜日